スワップバンキングシステムの強みとは?|ゆとりラボ株式会社

スワップバンキングシステム,ゆとりラボ株式会社

 

スワップバンキングシステム(SBS)の強みとは?

 

完全自動スワップアービトラージ最適化シテム=SBS(スワップバンキングシステム)

 

このシステムの強みは世界初のクラウド型FXスワップアービトラージ完全自動売買システム(CFD対応)という所です。

 

※CFDとは「差金決済取引」を指します。差金決済取引とは、「差額だけをやり取りする」取引です。つまり、利益が出たら利益分のみ受取、損失が出たら損失分のみを支払う形で取引を行います。つまり、金・原油のような商品、株価指数先物、外国株式などを取引することを言います。

 

スワップアービトラージ手法とは、複数の証券会社を利用して各証券会社にてスワップ金利を確認し、1社は買い、1社は売りという両建注文を行い、スワップ差益を狙う取引手法なのです。

 

しかし、ゆとりラボ株式会社はある証券会社と提携を組み協力することにより、API接続環境を構築することに成功しました。

 

そして、API接続環境を構築できたことにより証券会社1社の取引口座にて、スワップアービトラージ取引を実現することが出来ました。

 

この環境構築こそがSBSの最大の強みとなります。

 

※APIとは、(Application Programing Interface)の略で、直訳すると「アプリケーションをプログラミングするためのインタフェース」という意味になります。

 

インターフェイスとは「二つの物事の間を仲介する窓口となるもの」という意味があります。

 

つまり、複雑な仕事は例えば、すべてWindowsというOSが基本機能として備えていて、その機能を使うためのインタフェースが用意されているわけです。

 

これがAPIと言うことです。

 

Facebookが分かりやすい例ですね。

 

Webサービスも立派なプラットフォームです。例えば、facebookというプラットフォームに対して、facebookアプリというアプリケーションが存在していますよね。
facebookアプリは、facebook社とは無関係な第三者が作ったWebアプリですが、facebookのアカウントでログインしてアプリ経由で自分のウォールに投稿したりすることが出来ます。これは、facebookが公開しているAPIを使ってアプリが作られているからです。

 

つまり、facebookアプリは

  • facebookのログインウィンドウを表示するためのAPI
  • ログインしたユーザのユーザIDを取得するAPI
  • 指定したIDのユーザのウォールに投稿するためのAPI

などを使ってプログラムされているわけです。

 

このようにパソコンでもスマホでもゆとりラボ株式会社が仲介役となり、世界初のクラウド型FXスワップアービトラージ完全自動売買システムを誰にでも提供することが出来るようになりました。

 

一般的なスワップアービトラージ

スワップバンキングシステム,ゆとりラボ株式会社

SBSシステムを利用したスワップアービトラージ

スワップバンキングシステム,ゆとりラボ株式会社

 

注意:個人でもアービトラージ取引は可能ですが、高スワップのペアを持つと、証券会社からすぐに発見され、口座を凍結されるリスクがあります。


申し遅れましたが、ゆとりラボ株式会社のPR担当の道添と申します。

 

堅実な資産運用についてもっと、詳しく聞きたい方はお問い合わせください。

 

お問い合わせ内容を確認の上、ゆとりラボ株式会社のシステム担当者にお繋ぎ致します。

※PR担当の私、道添は窓口の為、入出金等の細かな内容やシステムの内容、詳細資料等はご質問にお答えすることが出来ない場合があります。

 

ゆとりラボ株式会社のシステム担当者にお繋ぎする場合の必要事項は以下になります。

  • お名前:名字
  • お住い:都道府県
  • メールアドレス:捨てアドOK!

以上をご連絡くださいませ。

 

LINE@に友達追加してのお問い合わせはこちら

↓↓↓

友だち追加